お菓子教室 Gâteau Ecole à Sébastien Bouillet


Bonsoir.
こんばんは。
念願のお菓子教室のこと。

a0258519_2261185.jpg

日本にいるときから、ここは行こうと思って
結構前に予約しておいたお菓子教室に行ってきました。
そこは有名パティスリーが開いている教室なのですが
お菓子教室の場所は調べたら
パティスリーとは別の場所でした。

Croix-Rousseから地図をみながら歩いて。。
ここは、リヨンの中心部よりも標高が高くて、
端のほうからはまたリヨンが一望できます。
とても静かなところ。

a0258519_22643100.jpg

探しながら歩いていると
日本料理やさんもありました。
リヨンには、日本料理やさん
結構あります。
お店の外側に貼ってあるメニューをみながら
いつも通りすぎるのですが
出している料理はだいたい
焼き鶏のセット、お寿司、お味噌汁
などなど。
セットで、15€以上でした。高い(゜o゜)

フランスは、細い道でも全ての道に名前がついています。
なので、いつも知らないところへ行くときは
道の名前と番号を頼りに
地図をみながら歩いていきます。
私がめざしていたのはRue de Nuitsという通り
結構歩いた気がします。
そして・・・

a0258519_227893.jpg

やっと見つけました!
濃いピンク色の看板。
Gâteau Ecole
(お菓子教室)
と書いてあります。
私が行ったのは
Sébastien Bouillet
日本にもあるショコラティエなのですが
有名なところなので
このお菓子教室、本当に緊張しながらいきました!


早めに着きすぎちゃって、
近くでカフェあったら入ろうと思って歩いていたら
見つからず、うろうろして仕方なく戻って(´・_・`)笑
レッスンは14:30~だったのですが
10分前なのにお店は開いていなくて
でもその時、私と同じくレッスンに来た感じの人が前で
待っていたので私もそこで待つ事に。
時間になったら、中のシャッター?とドアを
開けてくれて、みんな中に入りました。
有名なところでかなり緊張しながら行ったけど
雰囲気、すごくいい感じでした。
来ている人も、私と同じくらいの女の子も2~3人いたし、
あとおばさんと、一人男の人、そしてなんと本当に偶然
日本人の女性もいました。
全部で8人、先生は一人。
机の上には材料が並べてあって、
内装、とっても可愛い。
かばんを先に奥に置いてしまったので
中の様子、レッスンの様子の写真はないのですが(>_<)
すみません

私がとったレッスンは、
Macarons Classiques
(クラシック・マカロン)
マカロンは、日本にいるときも何度も作っていたのですが
本場で絶対習いたいと思っていたのでこれにしました。
マカロンは日本でも有名ですが
実はあの可愛いマカロンは、マカロン・パリジャン
といって、パリのマカロンです。
本当は地方によって違うマカロンもたくさんあって、
例えばマカロン・ナンシー(ナンシー地方のマカロン)は
見た目がクッキーのようで、表面が割れていたり
マカロン・ダミアン(アミアン地方のマカロン)は
円柱のような形をしていたりします。
中にクリームを挟んで2枚を合わせる
マカロン・パリジャンは、
地方のと比べると都会風ですよね。

私はこのマカロン・パリジャンを習いました。
メニューは
Les macarons (マカロン)
Garniture caramel (キャラメルクリーム)
Garniture thé fruit rouge (赤いコンフィチュール:今回は私の大好きなフランボワーズと紅茶のでした!)
Garniture chocolat ganache (チョコレートガナッシュ)

材料だけ書かれたレシピを渡されて、
あとは作りながら自分でメニューを書く方式。
シェフの速いフランス語はちょっとまだ難しかったけど
作業をみながらメモして、
自分でも実践。
今回は8人だったので3・3・2人に分かれて実践!
私はフランス人のおばさんと一緒に作業しました。
私が日本語でレシピメモしていたら
「あら、日本語??オリジナルレシピができるわね~」
って。
フランスの人って、日本人好きな人
多いんです。
日本人ってわかると親切にしてくれたり・・
たまにあります。

初めに3種類のガルニチュールを作りましたが
材料のチョコレートとか、
「ぜひ味見してください」って言うから
いろいろたべたけど笑
私が一番驚いたのは
ミルクチョコレートがすごくおいしかったことです。
日本だとミルクチョコレートってすごく甘いイメージで
私は絶対にビター派なのですが、
でもたべたのは甘すぎなくて、
ミルクチョコレートこんなにおいしいと思ったの初めてでした(*・・*)!
もちろんビターの方もおいしくて
ショコラティエ(チョコレート専門店)のチョコレート、
すごいです(゜o゜)
できたてのクリームやコンフィチュールも冷蔵庫へ入れる前に
みんなで味見して、
いよいよマカロン作り。
詳細を書くのは難しいので書きませんが、
イタリアンメレンゲを学びました。
フレンチメレンゲとは作り方が違って
できあがりも違う。
3組に分かれて作業したので
私のは赤い食紅をシェフが入れて、可愛いピンク色に
なりました。
自分で言うのもなんですが私は絞り出しが得意なので笑
おばさんと交互にやっていましたが途中で
あなたの方が綺麗にできるからあとやって~
と言われて最後ずっとやっていました(゜o゜)笑
焼き上ったら、冷えて落ち着いたクリームを絞って
2枚を重ねて、可愛いマカロンがたっくさん出来ました。
3時間のレッスンだったけど
久しぶりにお菓子が作れて本当に楽しくて幸せでした。
フランス語がもっと理解できたらさらに嬉しかったのですが(>_<)
聞き取り、がんばりたいです。


a0258519_2273683.jpg

Sébastien Bouilletの
こんな可愛い箱に入れて持ち帰り。

a0258519_228432.jpg

じゃん
一人、こんなにたくさん。笑

a0258519_228183.jpg

3色で、3種類のクリーム。
ちょっとだけマーブルのもあります(*・ω・*)


a0258519_349586.jpg

最初すっごく緊張していたけど
本当に行ってよかったです。
何事も挑戦ですね。
自分から外に出ていくのって、
大事だなと感じました。
たくさん感じて
これからのこと、考えていきたいです。

マカロン、たくさんなので
今日遊んだ子におすそわけしました。
あともう少しおすそわけしよっと。


それではまた

A demain
[PR]
by yuki-miel | 2012-11-05 03:41 | リヨン Lyon, France
<< イタリアンレストラン à Be... Part-Dieuでお買いもの  >>