ユーロライントラブル&クレームのお手紙


Bonsoir.

5/12 Milan → Lyon
のはずが・・・・・笑


a0258519_103696.jpg

il est trop mignon le chien!!

黒いキャバリアはっけん!


a0258519_105191.jpg


可愛いーー!!♥♡


a0258519_111298.jpg


こっちおいでーーー!(*・ω・*)


a0258519_11249.jpg


座った!笑


a0258519_113813.jpg

dehors, il fait beau!

外はとってもいいお天気。笑


a0258519_115384.jpg

comment prononcer??:)

駅に入ってるタバコやさん。
何て読むのかな?
「"たばっち"だったら超可愛いね!!」
とか友達と話しながら・・・笑


a0258519_121060.jpg

à cause d'un problème d'eurolines,
j'ai dû attendre "5 heures" à la gare!!

どうしてこんなことをしていたかというと・・・
長いけど説明します。笑

この日は朝7:30発のユーロラインのバスで
7時間かけてミラノからリヨンに帰るはずでした。
チケットは1カ月前に予約し、手元に持っていました。
チケットには6:30手続き
とあったので、ちゃんと6時すぎにはホテルから
この駅に移動して、ずっと待ってました。
バスが来たのは7:15。
同じく待っていた人たちみんな乗車。

すると。
なぜか、全員乗れてないのにバスが満席に。

運転手さん
『今から名前呼ぶ人は降りて』

そしてなんと、
私と友達を含めリヨン&グルノーブル(リヨンの隣町)行きの人達
20~30人が呼ばれてバスから降ろされ、
?????『なぜ?』と言っているうちに
私たちを取り残してバスは出発。笑

もちろん降ろされたのは全員しっかり予約済みの人達。
全員意味も分からず、とりあえず駅に戻って
eurolinesの受付に文句。
しかし、この日は日曜日で、駅には2人しか人がいない(゜o゜)
(一人は有料トイレの受付とかしてたおじさん笑)
すでにありえない状況だけど、さらにここからが日本では信じられない!笑
受付の人、本当になにもしてくれない。笑
ただユーロラインの会社の電話番号渡して、自分で電話かけてって。。笑

でも!取り残された人達の中にフランス人の頼れるおばちゃん3人
そして、しっかりしたいいお兄さん&お姉さんたちがいて、
みんなをまとめてくれました。
まず、みんなの名前&チケット番号&メアドを紙に書き、全員がそれを共有できるように
カメラで撮ったりして、
その間に電話をかけて、バスを呼んでくれました。
『2時間後に来るって。たぶんもっとかかると思うけど・・笑』
と。
取り残された駅はLAMPUGNANOという小さい駅で、周りに何にもない上、
駅もタバコ屋さんしかやってない。
ということでただこんな感じでみんな待っていました。
おばさんたち、陽気で本当よかった。
取り残された時も、『Wow, c'est mistérieux!』
(ミステリーね!)
とか『旅が青春をつくる、ね!あはは』とかいって!笑
そうして
2時間後、バスはもちろん来ない。笑
『私たち帰れるのかなぁ(゜o゜)』
3時間、4時間・・・
『暇ってこういう事いうんだね。帰りたいよー(゜o゜)』笑

そして5時間後・・・

やっと!バスが来ました(>_<。)!

こんなにバス来て嬉しかったの初めて(;_:)笑


a0258519_122695.jpg

finalement on a pu prendre le bus,
et puis dans 8 heures et demi, on est arrivé à Lyon.
Après j'ai raconté mon histoire au prof,
elle m'a dit que je devrais écrire la réclamation.
Alors j'ai décidé d'écrire et elle m'a aidé,
j'ai pu faire ma lettre!
j'ai envoyé déjà.


無事全員乗り、
それから8時間半かけてリヨンに夜着きました。
友達と、
意味不明だったけど帰れてよかったね(゜o゜)
今日は帰るための1日だったね(゜o゜)
とかいって。笑

数日後フランス語の会話レッスンがあったので
先生にその事を話したら、
『ゆき、それはクレーム言うべきだよ、クレームの手紙書くなら手伝ってあげるから
メールで送って。』
と言われて!
ちょうどその日、なんと一緒に取り残されたフランス人のおばさんからメール。
本当に親切で
クレームを書くにあたっての情報&詳細を何通か送ってくれたんです。
最後に『みんな、頑張ってね!』と。

ということで私も、クレーム書いてみる事にしました(*・ω・*)


a0258519_1312889.jpg



書いてみた文面を先生にメール。
すぐに訂正してくれて、それから
『une lettre avec accusé de réception というのを知ってる?』
・・・何それ??
公的な手紙送るの初めてで、書き方知らない。。
すると先生が手紙の書き方、印刷全部うちで出来るからよかったらおいで
と言ってくれたので先生のうちにお邪魔して
教えてもらいました。

accusé de réceptionというのは
受領証、受取り通知
の事で、郵便局でもらえる用紙です。
"Recommandé avec Avis de Réception"と書いてあります。

郵便局へ行き、
・クレームを書いたお手紙(切手不要)
・この用紙(宛先、自分の住所を書く)
を窓口で出し、3€程払って控えをもらって終了。

昨日郵便局で出してきました。
ユーロラインの規定、何条目かに
トラブル起きた際チケット額の返済を求められる旨が書いてあったので
お手紙はそれについてお願いしました。
チケット額返済されるといいな(*・・*)!

こういうトラブルは初めてでしたが
(ヨーロッパでは珍しくないみたい)
お手紙の書き方学べたし、
先生とお話していて
私料理とお菓子作るの大好きなんです
って言ったら
年季の入ったフランス料理の本を貸してくれたり。
嬉しい(*・ω・*)笑

色んな経験も大事ですよね!笑

ということで
まぁ帰ってこられてよかったです。笑
クレームに関して進展あったら
また書きます(*・ω・*)


それではまた


à bientôt
[PR]
by yuki-miel | 2013-05-19 02:02 | ヨーロッパ Europe
<< Bernachon ベルナション ミラノ Milan >>